たんぽぽ茶の女性ホルモンとしての効能

たんぽぽ茶の女性ホルモンとしての効能

たんぽぽは薬草として根から葉にいたるまで、様々な効能があります。
そのため幅広い範囲で利用されとくに肝機能に有効な栄養素のレシチンを多く含んでいるため、肝臓浄化作用、胆汁合成促進作用など肝機能の改善をしていきます。

 

また利尿剤としての働きもあります。

 

たんぽぽから抽出したたんぽぽ茶には女性ホルモンのエストロゲンよりも、エストロゲン活性力が強いといわれています。

 

そのため不妊改善、母乳不足の回復、冷え症解消など女性にとってうれしい効能がたくさんあります。

 

そのほか便秘改善、むくみ解消、疲労回復などや血行促進などの効能もあります。

 

不妊改善では男性は優れた精子がつくられやすく、女性は排卵しやすく卵巣の機能向上などの効能があります。
女性ホルモンのバランスを整える働きがあるため、生理痛の軽減、生理不順の改善、血行促進などもしてくれます。

 

子宝に恵まれないご夫婦には是非飲んで欲しいお茶でもあります。
また血液循環の促進や血中コレステロール、脂肪の低下に効果があるため乳腺炎の予防にもなります。

 

以上のようにたんぽぽ茶には血液の質を向上させることで、母乳の質も上げ乳児やママの免疫力を高めてくれます。

 

話題の希少糖は、たんぽぽ茶にも含まれているため新陳代謝がアップして、デトックス効果でダイエットにもなります。
またそのデトックス効果はニキビや肌トラブル改善による美肌などの美容効果、育毛効果にも効力をもっています。あらゆる効力は、子育てママにかかせないお茶です。