たんぽぽ茶のママの母乳育児への効果と摂取方法

たんぽぽ茶のママの母乳育児への効果と摂取方法

母乳育児をしているママならたんぽぽ茶がおすすめです。たんぽぽの効果で母乳の出がよくなりますし、その他にもさまざまな良い点があります。コーヒーがわりに飲むのもいいです。

 

たんぽぽ茶とはなにか

 

母乳育児を行なうなら赤ちゃんに悪い影響が出ないためにもカフェインレスの飲み物は必須です。たんぽぽ茶はその名の通りたんぽぽを使って作られた飲料でカフェインは含まれていません。たんぽぽコーヒーというのもあり、毎日コーヒーを飲んでリラックスしていたという方は代用してもよいでしょう。お茶の方はたんぽぽの根と茎と葉を使用しており、たんぽぽコーヒーは根っこのみを使用しているので味に違いはありますがどちらも効果効能は同じです。ママの飲みやすい方を選べばよいでしょう。

 

ヨーロッパの方ではたんぽぽの葉はスープやサラダにも混ぜられ日常の野菜として使われています。ハーブティーや薬などにも使用されておりその効果効能を活用しているのです。
農薬が散布されていないようなきれいなたんぽぽが手に入ったら同じように利用してみてもよいでしょう。お茶やコーヒーも市販されてはいますが自分で作ることもできます。どちらも材料を洗って天火でしっかり乾燥させたら、フライパンで弱火で煎って更に水分を飛ばすようにしたらできあがりです。
100パーセントたんぽぽだけのお茶はまずいです。市販のものは他の茶葉とブレンドされているものがほとんどです。手作りで作る場合もいくつかのお茶っ葉を混ぜて飲みやすくしてあげましょう。水やお湯の量を増やして薄めて飲んだり、ミルクや豆乳・はちみつや黒糖を加えるなどアレンジを加えてみるのもいいです。甘くてミルクティーのような味わいでママのリラックスタイムにもおすすめです。毎日飲むのがおすすめなのでママが飲みやすいようにして続けるようにしましょう。

 

市販の品はコーヒーとお茶の区別があいまいで、お茶という名前が付いてありながら実際の味はコーヒーだったりもするのでコーヒーが苦手だという方は注意が必要です。
ママが自分で手作りするものと違い、市販のものはその他にもママに嬉しい効果効能を持つ成分を一緒に配合しているというものも多いです。自分におすすめのものを選び出すようにしましょう。

 

カフェイン入りのものは妊婦さんや授乳中の方にはおすすめできませんし、そのほかの方の場合も多く飲みすぎると利尿作用や睡眠障害・中毒症状などさまざまな悪影響をもたらします。お茶やコーヒーを飲む習慣がある方はぜひたんぽぽでできたものに変えましょう。カフェインレスですし、摂取することでママに嬉しい効果効能がいくつもあるのです。

 

 

たんぽぽ茶と母乳育児

 

母乳育児をする人は自分が食べたものがそのまま赤ちゃんの方に行ってしまうので安全性の高い食品を取る必要があります。たんぽぽのお茶やコーヒーを飲むのはそのためですが、たんぽぽには血液改善してくれる力もあり、そのため母乳自体の出もよくなるのです。母乳の主原料は血液です。そのため血液の流れがよくなると母乳もよく出るようになるのです。たんぽぽには水分補給の働きもあります。同じ量の水を飲んだ場合と比べて確実に母乳の出る量は増えるでしょう。母乳育児の悩みである乳腺炎も防いでくれます。乳腺炎は母乳が溜まって炎症を起こす病気ですが、血流がよくなっているのでつまることなくスムーズに出てくれるのです。

 

血流がよくなることからむくみや便秘・冷え性など女性の悩み解決にもつながります。
摂取することで男性は精子の質がよくなりますし女性は排卵しやすくなるということから妊活中にもおすすめですし、ホルモンバランスが整い生理痛や生理不順改善にもなるのです。

 

たんぽぽのお茶やコーヒーを飲むというと育児中のママというイメージが強いですが、実は男女問わずいつの時期に飲んでもおすすめです。
男性も精子の改善だけでなく、疲労回復や育毛・健胃整腸や肝機能の向上などの作用は男女ともに必要なものですし、女性の場合には美容やダイエットにも役立つのです。飲むことで血行がよくなるので髪やお肌がきれいになります。新陳代謝もよくなりダイエットにもつながってきます。

 

コーヒーやお茶以外にもヨーロッパで使われているように野菜として使ってみるのもいいでしょう。サラダや油いため・天ぷらやおひたしなど他の野菜同様にさまざまな料理に活用できます。授乳をしていない時期は花や根っこをホワイトリカーで漬け込みたんぽぽ酒にして飲む方法もあります。育児中に飲んでいたお茶の葉を、育児が終わったら漬け込んでお酒に変えて毎晩の晩酌に利用するという手もあります。
たんぽぽの成分が含まれた飴なども市販されており、おやつ代わりに普段から口にすることもできます。

 

中国では漢方薬として使われていますし、ヨーロッパでも薬草として認知されています。健康や美容にさまざまなよい影響を与えてくれるたんぽぽをぜひ育児中だけとは言わず普段の生活に取り入れるようにしましょう。
市販のものだとティーパックタイプのお茶やインスタントコーヒーのような粉末・・顆粒状のものもあり、更に飲みやすいです。